ホーム > この祭典について

この祭典について

2017年に奈良県で「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」が全国で初めて一体開催されます。
9月~11月の3ヶ月間にわたり、県内全39市町村で障害のある人とない人が一体となってイベントを盛りあげます。
歴史と文化の豊かな蓄積を誇る日本文化のはじまりの地・奈良のブランド力を世界に発信し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへとバトンをつないでゆきます。

■「国民文化祭」とは

全国各地で行われている各種の文化活動を全国的規模で発表、公演する機会を提供することにより、国民の文化活動への参加の気運を高め、新しい芸術文化の創造を促すことを目的として、昭和61年度から毎年、各都道府県で開催されている文化の祭典です。

■「全国障害者芸術・文化祭」とは

障害者の芸術及び文化活動への参加を通して、障害者本人の生きがいや自信を創出し、障害者の自立と社会参加を促進するとともに、障害に対する国民及び県民の理解と認識を深めるため、障害者週間(毎年12月3日~12月9日)に合わせて実施する等、全国持ち回りで開催しているものです。

■基本理念

日本文化の源流を探る

~日本文化の源流を国際的つながりも視野に掘り起こす

文化の今を楽しむ

~積み重なった今ある日本文化の厚み、深みを堪能する

文化芸術立国の礎を築く

~文化の交流で地域に元気をつくる

障害のある人とない人の絆を強く

~文化の力で新たな関係をつくる

■事業構成

主催事業

総合フェスティバル
オープニング:平成29年9月2日に世界遺産でもある奈良県の象徴的な建造物「東大寺大仏殿」で開催します。
大会の幕開けにふさわしい式典、祝祭イベント・パフォーマンスを展開します。

フィナーレ:平成29年11月25日、26日に開催します。奈良に伝わる民俗芸能の披露や参加者全員が楽しめる雰囲気を演出。

シンポジウム事業

文化フォーラム、日本アートマネジメント学会全国大会など、奈良の文化を考えるシンポジウムを開催。

国際交流事業

海外の音楽や食を通じて奈良の魅力を発信する国際交流イベントを開催。

障害者事業

全国障害者作品展、バリアフリー映画祭など、障害のある人もない人も一体となって楽しむことができるイベントを開催。

分野別フェスティバル

県内全39市町村で地域の特色を活かしたイベントを開催。

協賛事業(文化庁承認事業)

国民文化祭の趣旨に賛同し、その目的に沿った、全国の自治体・文化団体・企業等が行う事業について、文化庁が協賛事業として承認。

応援事業(奈良県承認事業)

奈良県大芸術祭など、国文祭・障文祭2017の趣旨に賛同する団体等が実施する文化事業等を応援事業と位置づけて相互に広報協力。
国文祭・障文祭なら2017開催前に実施する奈良県・県内市町村等が実施する文化事業を「プレイベント」として開催機運の醸成を図る。

■PR映像

国文祭・障文祭なら2017 PR映像

PR映像

わたしたち日本人のこころのふるさと奈良。
「やまとし うるはし」と謳われたこの地で。
2017年、新しい物語が始まります。

■イメージソング

イメージソング

音楽は、作家兼作詞・作曲家の新井満氏がプロデュース。「日本文化の源流を探るという基本理念から自分なりに歌をイメージしてみたら、古事記、日本書紀から題材を取るべきだとの考えにいたりました」

    やまとしうるはし 新井満・歌唱バージョン

    やまとしうるはし 混声四部・合唱バージョン

    楽譜ダウンロード

    千年のかくれんぼ 新井満・歌唱バージョン

    楽譜ダウンロード

注意事項ダウンロード

■公式ポスター

公式ポスター

奈良県生まれの洋画家・絹谷幸二氏が公式ポスターを担当。「大古事記展に出品した作品も、まさしく日本文化の源流をイメージしたものでした。奈良県が取り組んでいる〝記紀・万葉プロジェクト"からイメージを膨らませました」と絹谷氏。

■ロゴマーク

ロゴマーク

水野 学氏 制作
奈良が最も栄えていたと言える奈良時代に作られた書体、宝物、文化などを参考に制作しました。

■マスコットキャラクター

マスコットキャラクター

マスコットキャラクターはおなじみのせんとくん。今回は「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」をPRするはかま姿のせんとくんに。